Home > Get Started | English

Get Started

Contact

利用開始手順

データベースホスティングを開始するにあたって三つの手順が必要です。 このページで順に説明します。

アカウント登録

はじめての方はユーザ登録をしてください。 登録にはお使いのメールアドレスが必要です(それ以外は不要)。

登録ページにアクセスするにはチケット(ワンタイムパスワード)が必要です。 チケットを取得するにはホスティングサイト宛てにチケット申し込みメールを送信してください。 それにはお使いのメールアドレスから下記宛てに本文なしの空メールを送信してください。

issuer

Click to Open Mailer ← このリンクをクリックしてお使いのメールプログラムを起動して送信することも可能です

チケット要求メッセージを送信すると、ホスティングサイトは、登録ページ訪問用のチケット付きURLを含むメッセージを返送します(チケット有効期限は1時間)。 そのURLをクリックして登録ページを開いてください。

account-add

ここでアカウント名とパスワードを決めてください。 パスワードは次項で説明するテーブル作成ページを訪れる際に必要なものです。 アカウント名はホスティングサービスにおけるあなたのIDです。 同時にデータベースの名前でもあり(account.db)、かつデータベーステーブルへのアクセスURLにもなります(/account/table.mdm)。 アカウント名はのちに変更できませんので慎重に選択してください。 パスワードも現時点では変更きません。

テーブル作成

アカウント登録が済むと、テーブル作成ページへいざなわれます。 後日あたらしいテーブルを作成するときにもテーブル作成ページを使用します。

テーブル作成ページをお忘れの場合:
https://db.ssjava.net/your-account/auth-schema.mdmp(拡張子はmdmp)

ページにアクセスするとブラウザ画面にログインダイアログが現れます。 ユーザ名(登録したアカウント名)とパスワード(アカウント登録時に指定したもの)をタイプしてください。

auth-dialog

テーブル作成について

データベースホスティングではアカウントごとに一個専用のデータベースを用意します。 一個のデータベースには複数のデータテーブルが収容できます。 現在のホスティングサービスではSQLite v3(以下sqlite3)というデータベース製品を使っています。 sqlite3では一個のデータベース全体を一個のファイルに収めます。 このためホスティングユーザは一個のデータベースファイルをまるごと占有できます。

テーブル作成にはふたつの異なる段階があります。 テーブルの「設計」と「生成」です。

テーブルの設計は「スキーマテーブル(schema)」を用いて行います。 スキーマテーブルとはこれから作るテーブルにどんな列を入れるかを決めるためのテーブルです。 スキーマテーブルも作成対象のテーブルも同じくテーブルなので混同しないでください。

スキーマテーブルは各アカウント(ホスティングユーザ)ごとに一個ずつ用意されており、ほかのデータテーブルとともにアカウントごとのデータベースに保存されます。

テーブルの生成はテーブル作成ページの最後にある[Generate]ボタンで行います。

[Generate]ボタンをクリックすると、

テーブル作成の流れ

テーブル作成の操作の流れを説明します(画像は最新のものとは異なります)。

  1. スキーマテーブルの編集 - テーブルに入れたい列をひとつひとつ決めていく

schema-entry

  1. スキーマテーブルの確認 - テーブルの全列の定義が希望どおりできたか確認

schema-list

  1. [Generate]ボタン - データベーステーブルと参照編集ページを自動生成

schema-generate

以上三つの操作をひとつのテーブル作成ページ上で行きつ戻りつして行います。

データの投入と表示

テーブル作成が済むと、テーブル参照編集ページへいざなわれます。 ここで行の入力、編集、削除および全列の表示が行えます。

テーブル参照編集ページをお忘れの場合:
https://db.ssjava.net/your-account/your-table.mdm(拡張子はmdm)

操作方法は基本的にテーブル作成ページと同じです。 全列一覧に続いて行の入力フォームがあります。

climate-page

テーブル参照編集ページは特定の人に教えたり、ブログやSNSで一般公開することで、他人がアクセス可能になります。 そうしないかぎりは誰も知りません。 このため閉じたグループ内のみで利用することも一般公開することも可能です。

とはいっても「未公開」は絶対ではありません(総当たりで探す攻撃者があれば防げません)。 くれぐれも大事な情報は掲載しないようにしてください。

Written 2020 July
Updated 2020-jul-30

Contact